ぶらいかん!

ぶらいかんがゆくのです。どこに?なんのために?かはわかりません…

ぶらいかん!《序幕》

どうも、無頼漢こと、てろりです。ブログはじめるにあたって少しだけ…

意気込みというかモットー的なものを。

 

このブログのタイトルにある”ぶらいかん”(無頼漢)というのは、ならず者やごろつきを表す言葉です。

その無頼漢というのはもちろん私のことですが、なぜ私が無頼漢かと言いますと、キチッとしたことが求められる昨今、大学時代には就活もろくにせず、バイトはほどほどに、どちらかと言うと趣味的なことに時間を費やしてきたからそう自称しています。ぶっちゃけネガティブな意味でしょう。

けれど、果たしてそうなのでしょうか?

 

面白く生きるためにはやっぱ時間が必要です。(旅行したいし、本読みたいし、DIYもしたい、あれもしたいこれもしたい…)

今の時代、そういうものってどんどん安くなっているので、別にバリバリ働かなくても節約したりして、時間を作る方が私にとって豊かなことです。

逆に、大企業とか入って時間は無いけど金があるみたいな状況だと、長旅みたいなちょっとスケールのでかい遊びってしにくいんじゃないかな。知らんけど

 

こういう私みたいな人を見ると、だいたい飲み屋で会ったオッチャンとかは「働け」的なことを言います。でも今の時代、日銭くらいなら稼ぐ方法はいっぱいあるし、節約も工夫すればいくらでもできることから、一般的な意味で”働く”ということと生きることをイコールにする必要はないのです…と思ってしまいます。

 

いや、否定する気は一切ないのです。

私だって普通に勢いで就職できちゃってお金があればそういう喜びに目覚めた可能性は多いにあったのです。(東京に就職していった友達の華金tweetはメンタルにキます)

ただ、この世界の人の生き方には、もう少し肌理(キメ)があるんでねえがと思うわけです。

 

近所の某コンビニの店員に、ロックミュージシャン風で耳にでっかいピアス空いてるあんちゃんや、語尾が変なじいさん、美人な中国人がいるんですが、それを見ていると「みんなどういう事情でここでバイトしてんのかな」って、気になるんですよね。

でもって私はそれぞれの店員のことをなんとなく好きなんですよ。

なんつーか、RPGのパーティのジョブが適度にバラけてるけど逆にまとまってるみたいな。(戦士×4みたいなパーティは嫌いです。吟遊詩人とか入れたくなる)

つまりキャラが立ってるってことなんでしょう。それは、そんだけ色々な人がいるからだと思います。

見た目とか、年齢、性別、国籍みたいなそれぞれのパーソナリティーをふわりと感じられる良いロー◯ンなんです。

 

ということで、

 

”無頼漢”っていうのがネガティブな言葉だとしてもなんとなくひらがなで「*ぽてんしゃる!」みたいな感じにして、ポップに、おしゃれに、知的に頑張っていきたい所存です。ぶらいかん! 

ここまで付き合っていただいた、初めましての読者さま、今後ともよろしくお願いします。

 

*ぽてんしゃる!

  :任天堂が制作したRPG「mother」シリーズに出てくる「どせいさん」というキャラが使う言葉。

   発明したのはほぼ日刊イトイ新聞でおなじみの糸井重里さん。